出来ることは限られる

新車を購入する前からなら何年後かに高値で売るためにすべきことはたくさんあります。しかし、もう売るとなったときから査定額を上げるために出来ることは限られています

しかし、限られている中でも最大限、高値で買い取ってもらうための作業はしておいて損はないでしょう。折角なら1万でも高く買い取ってもらいたいものです。それが2万、3万も違ってくるのなら半日かけても損は無いはずです。よほどの高給取りでなければ・・・。

車を綺麗にしておこう

例え汚くても車を買取った後、売る際には綺麗にして展示します。ですから多少汚くても買取ろうとする思いは変わりません。しかし、買い取る時は別です。汚い車で査定評価は下がるのです。

掃除にお金を掛けても元は取れませんが、できる範囲で掃除をすると査定員の印象は上がるはずです。汚い車よりもきれいな車のほうがなぜ高値で買取ってくれるのは説明はいらないと思います。

車が綺麗だと大事に乗っている

本当に良い車かどうかを判断するためには車を運転してエンジンの調子などいろんなところを体で感じてこそ分かるものですが、査定時はせいぜいエンジンをかける程度で、乗り回すことまではしません。

ですからその人がどんな乗り方をしてきたのかは止まっている車から判断しなければならないのです。しかし、そんな事ですべての事は実際、分かりません。ですから車が綺麗なら大事に乗っている、汚なければ適当に乗ってきたと判断される可能性が高いのです。

車を綺麗にすることで、バックグランドまで好印象になりえるのです。単純に車が綺麗、汚いという判断だけではないので車を綺麗にして査定してもらうことはかなり重要項目です。


最大8社の査定最高額が分かるクルマ買い取り一括査定