高く売れる車種

新車の場合、車の車種によって値段が違うというのは当然のことです。やはり売れ筋ブランドというのは、どんな商品でもその市場の情勢を占うだけのものがありますので、そういった動向というのは、どんな商品やサービス、あるいはブランドでも必ず付随するファクターであると考えて間違いありません。そして、これは「中古車市場」においてもまったく同様のことがいえます。

新車でそうなのだから、中古車だってそれは同じに決まっているではないか・・・と考える人もいると思いますが、おそらくそこにはちょっとした誤解があったりすると思われます。というのも、実は、「中古車を買う」というスタンスではなく、「中古車を売る」というスタンスに立っているときにも、実を言うと、車の査定価格に、「車種」は大きく影響を及ぼすのです。

もちろん、いくら「高く売れる車種」を精査したところで、自分がその車を持っていない限り、その車を売ることができないわけですから、それではまったく無意味ではないかと、多くの人は考えるでしょう。しかし、たとえば、中古車を「金融商品」と同列にとらえている人にとっては、この考え方は非常に重要になってくるのです。

たとえば、現在それほど人気のない車種であっても、その車種の車を購入して、エンジンに傷みが来ない程度に乗りながら調整、整備をし、基本的にはその車を「保有する」というスタンスで、その車種の人気が高まるのを待つ、というトレードの方法は、すでに確立されているのです。人気のないときに、その車種の車をあえて買い、人気が出たときに売れば、年数が経過しているにもかかわらず、そこに大きな利鞘を生み出すことができるのです。ですから、考え方としては、株式の売買や外貨トレードとまったく同じことです。

車に車としての価値を見出したいのであれば、「車の車種」というのは「買う時点」で重要になってきますが、車としての価値ではなく、「お金としての価値」を見出したい人にとっては、「売る時点の車種」のほうがずっと重要なのです。

高く売れる色

同じ「車」であっても、新車と中古車では、その人気の動向が少々異なります。その理由はいろいろ考えられますが、簡単に言ってしまえば、新車には新車の、そして中古車には中古車の「市場」がそれぞれ構築されており、しかもどちらも非常に強い市場力を発揮するからである、ということになるでしょう。

そんな話をすると、いかにも難しいことを言っているように感じられてしまうかもしれませんが、たとえば、「車のボディカラー」などは、そういった市場の勢いを左右する重要なファクターがあります。カラーの場合は、特に中古車市場では敏感に反応を与える可能性が大きいといえます。

要するに、中古車市場においては、「高く売れる色とそうでない色とが明確に分かれる」ということがいえるでしょう。これはもちろん、「中古車を買う」という視点でもいえますが、特に「中古車を売りたい」と考えている人によっては重要なファクターであるといえます。というのも、もちろん高く売れる色であるかどうかの分かれ目は、車種のように、「人気の時期」が左右することも多少は考えられますが、しかし、基本的には「高く売れる色」というのは比較的変動が小さいと考えられているのです。

特に、シルバー系統の色は、どんな時期、どんな年代でも、比較的人気になりやすいといえます。人気になるかどうかのバロメータというのは、一般的には「トレンド」が重要になってきますが、こと「色」に関していえば、「希少性が高い」といった部分が重視されることが多いです。また、「中古車」である以上、個体差はあるにせよ、多少は使われた車ですから、「汚れが目立たない」とか、「車種のトレンドにかかわらず、どの車にもマッチしやすい」という条件を満たしているというファクターが重要になります。そして、これを見事にクリアしているのが「シルバー系統」の車なのです。ですから、将来的に中古車を売りたいと考えている人は、買うときに「高く売れる色」まで視野に入れると良いかもしれません。


最大8社の査定最高額が分かるクルマ買い取り一括査定