ローンが残っている車を売る

愛車を売却したい人はたくさんいらっしゃると思います。ただ、いろいろな理由によって、売却になかなか踏み切ることができないという人も少なくないとは思います。そして、その「理由」にも、人それぞれ、なかなか複雑なものが絡んでいるケースは多いようです。かわいらしい理由としては、やはり「愛着がわきすぎてしまって、条件は良いけれど、どうしても売却に踏み切ることができない」というケースがあります。まあ正直、このケースでは、「自分との戦い」ということに尽きるでしょう。

これに対し、「愛車のローンがまだ残っている」というケースも考えられるのです。そして、実はこのケースは非常に多くもあるのです。ローンを完済してしまえば、売るなり煮るなり焼くなり自由なのですが、ローンが残っていると、自由売却が難しい場合がほとんどです。しかも、売却前にローンの完済が必要になるということは、それだけ支払いの負担が大きくなるわけですから、これは「愛着がわいた」といったケースよりもダイレクトに、物理的な影響が及ぶことになるわけです。

そういったケースで有効になるのが、「ローンの組換え、借り換え」です。これによって、従来のローン会社の債務は完全になくなるわけですから、本人にとってまだローン残高があるとは言え、従来のローン会社に関していえば、「完済」と同じことになりますので、その時点で、車を売ることができるわけです。その場合、従来のローンよりもできるだけ金利が低くなるような組み換え、借り換えを行うことが大切です。

これは、借り換える、組み替えるといったデメリットよりも大きなメリットになる可能性もあります。また、金利の部分はあまり気にしなくてもよいくらいのローン残高であれば、いわゆる「フリーローン(使用用途が問われないローンプラン)」を利用するという考え方も有効です。フリーローンで必要な分だけ借りて、それを従来のローンに充当することで、同じように車を売ることができるようになります。

車検切れの車を売る

車を売ることを前提に考えていながらも、いろいろな事情によって、なかなか車を売ることができないでいる人も少なくないと思います。まあ一番多い例としては、やはり「車に愛着がわいてしまった」というケースですが、もっと現実的な理由としては、「その車のローンが終わっていない」というケースが多くなります。しかしそれ以外の理由で、どうしても車を売ることを逡巡してしまう場合もあるのです。

そのケースが、「その車の車検が切れている」というケースです。車検が切れているとなぜその車を売ることができないのかというと、車検が切れている時点で、公道を走らせることができないからです。公道を走ることができないということは、その時点で車を移動させることができなくなってしまうので、結局その車の車検を通す以外に、これを売るという方法がないということに、原理的にはなるわけです。

ふつうにその車を運転しているのであれば、車検が切れたまま放置されてしまうことは基本的にあり得ないわけですが、ただ、別の車を手に入れて、そちらがメインカーになってしまったという場合や、あるいは、コレクションとしてはじめから車を運転することを考えていなかったという場合です。どちらにしても、車検の関係がネックになって、車を売れないというケースは非常に目立つのです。

もちろん、それならば車検を通してしまえ・・・という発想もアリと言えばアリです。しかし、車を売って利鞘を出したいと考えるのであれば、車検を通してから売りに出すというのはそれほど有効な策とは言えません。なぜならば、車検を通せばそれだけお金がかかり、また、車検付きだからといって売れるとは限らず、しかも査定額にそれほど大差が出ないからです。そんなときは、「一括査定&見積もり」のサービスを利用して、車検なしでも買い取ってくれる業者を探すのが有効であるといえます。「一括査定&見積もり」のサービスを利用すれば、その中でも一番高額査定である業者を選択できるというメリットも付随させることができます。

車売る相場事故車

事故車の査定額が、一般中古車の査定相場よりも低く出されるというのはみなさんもよくご存知のところだと思います。これを受けて、中には「自分の車は事故車ではないのに、事故車なみの査定額になってしまった・・・」と不満を漏らす人も多いです。そして、車を売る際にこうしたケースは非常に多いのです。ただし、これについては、車を売る側の人が、「事故車」に関する正しい知識がなかった、というケースが実はとても多いといえます。

まずは「事故車」というのがどういったものを指すのかというところから理解していなければなりません。意外と多い誤解が、いわゆる「交通事故を起こした車」を「事故車」と呼ぶと思っている人が多いということです。もちろん、人身、物損によらず、交通事故を起こした場合、その車は「事故車」として認定されることは間違いありません。ただし、中古車市場に流通している「事故車」のほとんどが、「交通事故とはまったく無関係」な車なのです。

中古車の世界で定義される「事故車」というのは、「交通事故を起こした、あるいは起こされた車」ということになります。そして、「修復歴車」というレッテルを貼られる車もあります。「修復歴車」というのは、「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格などに欠陥を生じたもの、またはその修復歴があるもの」と定義されています。ですから、「事故車」であっても「修復歴車」ではないというケースも本来であれば当然発生します。ところが、査定の際には、どちらも「事故車」として扱われるケースがほとんどなのです。

ですから、「交通事故を起こしていない」という事実を「事故車ではない」と解釈してしまうことで、査定額が低くなってしまったときに、「自分の車は、事故車ではないのに・・・」という不満につながってしまうのです。ですから、定義に基づいた発想としては、売る側の人の考え方のほうが正しいということになりますが、業界では、そうではないということになります。


最大8社の査定最高額が分かるクルマ買い取り一括査定