車を売る際の必要書類

車を売る際には、何らかの手続きが必要になるという話はおそらくみなさんも一度は耳にしたことがあるかと思います。そして、その手続きを踏む際に、何らかの書類が必要になるということも、おそらく多くの方がご存知でしょう。今回は、車を売るに際して、その「手続き」と「必要書類」に関してお話していきたいと思います。

車を売る際に必要になる手続きは、「名義変更」です。車の所有者としてご自身の名前が記載され、登録されていたものを抹消し、その車を購入する人(業者)の名義に変更する必要が生じます。その変更手続きが行われないと、税金が元の所有者のところにかかってきてしまいますので、名義変更の手続きだけは必ず行う必要があります。

また、業者によっては名義変更まで時間を要してしまう場合もありますので、それがいつ完了するのかというところまでしっかりとチェックするようにしてください。で、その「名義変更」を行うためには、いくつか必要書類を準備しなければなりません。まずは「自動車検査証(車検証)」が必要になります。そして、「自賠責保険納入証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)」も必要になります。そして、「自動車税納税証明書」が必要になります。

車検証に関しては、国土交通省が定める書類であり、公道を走行する車が常時携帯していなければならない書類ですから、名義変更の際に当然必要になりますし、「自賠責保険納入証明書」のほうは、いわゆる「自賠責保険」と呼ばれる強制保険の支払い証明書(領収書の半券)になります。自動車税納税証明書は、陸運局(陸運支局)が発行するもので、これがないと車検を通すことができないシステムになっています。

車を売る場合には、上記3種類の必要書類を事前に準備してください。もし紛失してしまったという場合には、車検証と納税証明書に関しては「陸運支局」に、そして自賠責保険支払証明書に関しては、保険会社にそれぞれ問い合わせて、速やかに再交付してもらってください。

車を売る際に用意する物

車は財産です。それを売るという事は財産を譲渡するという事にもなります。それに伴い実印が必要になります。その印鑑が実印であることを証明するための印鑑登録証明書(通常3ヶ月以内発行のもの)も必要です。実印は譲渡証明委任状に必要なります。始めて車を売る人など実印を持っていない人は市町村役場で200円〜500円程度で簡単に登録する事が出来ます。ただし、軽自動車は認印でも可能です。自動車税納税証明書は軽自動車納税証明書になります。

また、車検証に記載されている所有者の住所と上記の印鑑登録証明書に記載されている住所が異なる場合には「住民票」などが必要になりますので印鑑登録証明書を貰うついでにそちらも用意しておく必要があります。これは本人が同一人物であることを証明するためのものですが、引越し何度もしている人の中には住民票だけでは同一と証明できない場合もあります。その際には事前に住民票の除票戸籍謄本などを用意しなければならない事もあります

車を売る際に用意したい物

車を売る際に必ず必要なの物ではないけど、少しでも高値で売りたいとお考えの際には用意しておいた方が良い物がいくつかあります。車に関係するものは大事に取っておくと売る時に役立ちます。

例えば車の備手帳なども用意すると査定額がアップする可能性もあります。整備記録を見せ、しっかりと点検していたという証明をすることで車の信用にもなります。。また、カーナビなどの取扱説明書や取り外した際の純正品などがあれば取り替えた社外品のものよりも高評価を受ける場合もあります。また、スペアキーなどもあれば渡すなど車に関連したものを大事に取っておくことが査定に影響することも多々あります。


最大8社の査定最高額が分かるクルマ買い取り一括査定